使いやすい風速計とはどんなものか

風速計と言えば、山の上や空港で使用されているイメージが強いと思います。風車式で回転したタイプや、風杯型で黒いプロペラのようにみえるタイプは多くあり、一度はみたことがある人も多いです。その役割として、風の強さが一定以上となった場合、空港や高速道路の利用を一時中断や制限、運行の判断基準にもなるため、重要な役割を担っています。他にも、超音波を用いたタイプや熱線式などがあり、工場内の環境衛生や気象観測として、企業で使用されることも多くあります。その一方で、最近では比較的安い値段で風速計の購入ができ、家庭用や簡易的に使用できる風速計も増えてきました。中小企業の場合、大きな風速計は置き場所に困ることや、手入れが大変であるというデメリットもあります。それが簡易的な風速計であれば、持ち運びが容易にできることで一定の場所ではなく、様々な場所で測定することが可能となります。

持ち運びのでき便利に使用できる風速計

毎日測定が義務づけられている場所であれば、もともと設置されていることが望ましいですが、学校や施設などでの定期的な点検であれば、持ち運べるタイプがおすすめです。一定時間以上の測定から標準数値を割り出す必要があれば、三脚を使った取りつけ可能なデジタルタイプの小型風速計がおすすめです。安値で購入できるメリットもあり、ネジ穴タイプであれば普段使用しているホームビデオの三脚でも使用できるというメリットもあります。また、常に持ち運びをしたいのであれば軽量でハードケースが付属しているものがおすすめです。精密機械であるためにデリケートな部分もあるため、強い衝撃には弱いという面もあることは忘れてはいけません。バドミントンや卓球など、風により大会が危ぶまれる競技は、風速計の使用でより公平な審判や競技を進めることができるため、有効的に利用できます。

最新の風速計事情と個人の利用方法

使用用途により風速計が必須である場合や、より便利な場合など様々な場面がありますが、個人的に利用するケースも多くなりました。最近では、スマホのアプリと連動して記録する風速計で温度も計測されるものもあります。アウトドアでテントを張る際、山岳やスキーなどのスポーツ、ラジコンやドローンの使用にも利用されています。ドローンでもカメラが搭載されたタイプは、風に乗りながらの撮影で絶妙な映像を残して世に発信するなど個人的に使用している人も多くいます。風速計を使用せず安易にドローンを飛ばして紛失してしまったという例もありますので、安値でコンパクトに持ち歩くことが可能なタイプを所持することをおすすめします。またどんな状況下であっても風速計が使用できるように、防水機能があるものや操作自体が簡単で使いやすいものが多くあります。折りたたみ式や軽量タイプもあるので、それぞれの特性を理解して購入するべきです。