風速計はどのようなところで使われているのか

自宅建物の外回りにエアコン室外機や片屋根付きカーポートの設置等を検討する際、周辺の自然環境が気になります。特に、風の強いエリアは事前に調査が必要となってきます。その時、家庭に風速計があれば瞬時に風速や風量等の測定が可能となります。風速計は、風速を測定する装置として空港、また海岸や山頂等の気象観測所に設置されている光景が浮かびます。しかし、以外にも一般家庭をはじめとして外で活動する際、とても活用されています。花火大会やコンサート等の屋外イベントやスポーツ大会開催時、災害リスクに対する備えが必要となり、天候の中でも突風や強風による危険防止が求められます。その際、持ち運び便利なコンパクト風速計が風速や風量、温度を測定し、適正な判断を行う測定データを示してくれます。風速計には、様々なタイプがありますので目的や用途に適応する機能ものを選ぶ必要があります。

風速計の種類や機能ついて解説します

必ず役立つ風速計の測定方式は、基本的に3種類となっています。それぞれの測定方式に適した用途が異なるため、風速計の機能や特徴をしっかり見極めることが重要です。まず、プロペラ式と呼ばれているタイプは、測定器のプロペラ部分が風を受け回転し、その速さから風速を測定します。最もスタンダードな方式で小型タイプが多く、持ち運びやすいことと価格もリーズナブルな点が最大の特徴です。次に熱線式ですが、センサーが備えられており、センサー部分に風があたると冷却され電気抵抗が変化、その変化データから風速を計算する仕組みとなっています。特徴は、微風も測定可能となり、高い精度の測定器です。最後は、防水カップ式です。カップが風を受止め、回転し測定するタイプです。防水式なので雨の日の測定が可能です。このように3種類の測定方式がありますので、測定する環境や場所から最も適した方式を選択することをおすすめします。

人気の高い風速計の特徴について

ユーザーが風速計を購入する際、測定に対するニーズを調査し、そこから人気の高い機能や特徴を備えた風速計を紹介します。まずニーズは、全般的には、コンパクト軽量で持ち運びしやすく、価格は手頃であることです。続いて顕著な要望には、精度の高い測定性能を必要とする声が多いようです。また、測定対象は、風速のみならず風量や温度にも対応できるマルチ性や測定した風速データをパソコンに読み込み管理できるものの要望があります。このようなニーズをもとに、人気の高い風速計をみると、一般家庭ではプロペラ式のリーズナブル価格の軽量タイプ、空調設備管理等の測定業務に用いる場合は、熱線式でセンサーによる高精度の測定が可能となるタイプとなっています。最近では、スマートフォンのアプリケーションを活用した新たな風速計も台頭してきています。更なる進化から目が離せない状況です。